トップ > 投資と自己責任についての考えかた

投資と自己責任についての考えかた

アベノミクスのおかげで、株式投資や外貨投資といった様々な投資に参入するが増えているようです。
勿論それは悪いことではないのですが、気をつけたいのが「○○を信じて投資したのに、騙された...」というニュースが溢れている点です。
最近特に連続して起こっているのが、実質の運営が失敗して配当金が出せなくなってしまった為、新規加入者の入会金を自転車操業して、

配当金を繰り越していたというパターンや、ひどいものでは運営が失敗どころか、
最初から自転車操業で顧客からのお金を騙し取っていたというケースも存在しています。

そういった会社の中で、悪質なものほど配当率が良かったりしているのは、気をつけたい点でしょう。
多くの人は100万円の投資で1万円の利益が得られるコースと、5万円が得られるコースがあれば、5万円の方を選ぶかと思います。

しかし、投資家としての目で見れば5万円というコースは怪しいと思ったほうが無難です。
「コマーシャルをいっぱいしているから、大丈夫だと思った」
「経済評論家が大丈夫といっているから、投資した」という理由で、投資先を決めるという人も存在しますが、それらは何の保証にもなっていません。

実際の経営状態の報告書などを見ても、虚偽の記載がされている場合があるので、報告書その物は信用しにくいという、注意点はあります。
そこで気をつけたいのが、配当率です。
相場よりよい配当率だというのは、お得だと飛びつく前に、その割合はおかしいのでは...?と注意をするようにしましょう。

前の記事 | 

関連記事
カテゴリー
更新履歴
投資と自己責任についての考えかた
2013年8月29日
FXというものをご存知でしょうか。
2012年10月24日